手帳

  • 2021-07-08
  • 食事

自家製ジップロックで梅シロップで梅をつけ始めてから2週間ちょっと。途中から室温に出して順調に氷砂糖が溶けてきたと思っていたのですが、ここ数日泡が出始めてしまいました。

この泡は、梅の皮にくっついていた酵母による発酵なので体に悪いということはないのですが(酵母によりアルコールや二酸化炭素が排出されるだけ)、単純な梅シロップが欲しい自分にとっては困ってしまいます。

既に両方の袋の梅ともシワシワになりエキスも十分抽出されてそうだったので、泡の少し多い方は梅を取り出し終了させ、泡の少ない方は梅を残したまま冷蔵庫に入れて酵母の活動を弱めることにしました。

急に梅の漬け込み中止を決めたので殺菌済みの瓶が無く、そこら辺にあった空き瓶を洗ってウォッカで消毒して使いました。


昔親が作ってくれた梅シロップよりも色が薄めですが、スッキリとした梅ジュースになりました。希釈的には梅シロップ1:水3~4+氷というバランスがちょうどよい感じです。

2杯目は炭酸割にしてみました。シュワ~っとはじける炭酸の泡のおかげで水よりも香りがしっかり届いてくる感じで、こちらの方が好みでした。

もう1袋はあと数週間熟成させて、梅のエキスを絞りだそうと思います。