手帳

  • 2021-10-03
  • 食事

7月末の投稿以来の久しぶりの投稿になってしまいました。

仕事が多忙になったり子供の進学の準備など色々な事に時間がとられてしまい、あまりのんびりとした生活を送れませんでした。

さて月は10月。そう、千葉県では生落花生の季節です。こちらでは季節になるとよく見かけますが、産地以外ではほぼ見かけません。出回る期間も短めなので、見かけたらすぐ買うようにしています。

前日夜にTwitterで見かけたので慌てて地元野菜を扱うお店にお伺いして買ってきました。なお、生落花生は生鮮食品と同じで鮮度が命なので、購入したらできるだけ早く(可能ならばその日のうちに)調理することをお勧めします。

ついでに中華料理にある茹で落花生を糟滷で漬ける「糟卤花生」のチャレンジしたかったので帰りの中華食材屋さんで 糟滷 を購入。

糟滷 はAmazonでも購入できるけど、送料も含めるとかなり高め。食材店では200円以下です。ただし、瓶には王冠以外の蓋はついていないので使い切りになります。

レシピ参考:https://www.douguo.com/cookbook/1053984.html


さて調理方法は極めて簡単です。まずは、落花生に付いている泥をよく洗って落とします。日本のスーパーの落花生は泥がきれいに落とされている場合が多いので、その場合は軽く洗うだけで十分です。

今回は塩茹と糟卤花生の二つチャレンジするのですが、前者は茹でたて後者は冷蔵庫で漬け込んでから食べるのでまずは後者の準備をします。

水を700gに塩大匙1杯を混ぜて沸騰させたら250gの落花生を加え、落とし蓋+鍋蓋をし、軽く沸騰を維持させる程度の火(弱中火くらい)で20分茹でます。

茹で終わったら落花生を取り出し、水で軽く洗い流した後に漬け汁に漬け込みます。

漬け汁: 糟滷270ml(大匙18杯)+水90ml(大匙6杯)+砂糖小匙1杯

※ 糟滷は漬け込む時間によって希釈を変えた方がいいです。今回は6時間くらい漬け込むので水と3:1の割合に希釈しました。

3時間ほど漬け込んだ状態でつまんでみました。

乾燥していないので鞘にいっぱいまで詰まっています。そして香りと味は最高です!!